バックアップが取れない場合

iPhoneを修理する際にバックアップを取る重要性を紹介しましたが、不具合によってはバックアップを取れないことがあります。その際の対処法を下記で紹介します。本体の電源が入らない、またはメインディスプレイのタッチパネルが反応しないといった場合、この状態から新しくバックアップを取ることは難しいです。正規店で修理を依頼すると内部のデータは消えてしまうため、バックアップを取っていないデータについては諦めるしかないでしょう。しかし、非正規店であればデータはそのままで修理をしてくれるところもあります。本体の状態によっては、データ復旧できないこともありますが、検討してみても良いでしょう。

iPhoneでは突然操作不能になることもあるため、バックアップをこまめに取っておくことが一番の対策となります。写真や動画を取ったときはiTunesにバックアップを取り、新しいものに更新する、大切なデータはiCloudにも保存しておくなどがおすすめです。特にiCloudは自宅にWi-Fi環境があれば、自動でバックアップを作成することもできるため、忘れるといった心配もありません。大切なデータが修理によって消えてしまうことがないように普段から注意しておきましょう。