バックアップの方法

iPhoneの修理を依頼するときには事前にバックアップを取っておくことが大切です。正規店に修理を依頼する場合、基本的に内部のデータが消えてしまうため、写真やアプリ、ミュージックなどはバックアップがないと復元できないのです。

バックアップをとる方法としておすすめなのは、iTunesを使う方法です。パソコン内にiPhoneのデータを取り込むため、写真や動画、ミュージックなどをすべてバックアップすることができます。これまでにバックアップを取ったことがないという人は、一度iTunesでバックアップをしておくことをおすすめします。

そのほかの方法としては、iCloudを使うものもあります。iTunesではパソコンへの接続が必要ですが、iCloudではWi-Fi環境さえあればバックアップが可能です。この方法ではインターネット上にバックアップが作成されます。注意点としては、無料で使える容量に限りがあるということです。無料プランでは5GBのみを使うことができますが、写真や動画などを保存するとなると容量は足りません。その場合は、有料のプランに切り替えることが必要です。内部の容量を確認して、自分に必要なプランを選びましょう。一番下の50GBでも月々130円と安いため、負担も軽いです。



◆iPhone修理関連サイト◆

あらかじめバックアップを取ることはもちろんですが、緊急でバックアップが出来ずに修理が必要になるときもありますよね。その際は、データはそのままで修理できる民間の修理業者もあります。こちらの会社はその一つです … iPhone修理 バックアップ